tamuzのブログ

通勤時間が2時間、その時間に書いています。

刺さった

(*」>д<)」オォ───イ
今年、娘が高校を卒業し大学に入学しました。

いろいろあった高校生活
入学した高校で挫折して通信制高校に入り直し卒業まで4年かかりました。

ここでは多くは語れないけど、家族にとっても娘にとっても辛い日々を通りました。

「今から、川に行って橋から飛び降りて自殺する」何度、引き止めた事か・・・

精神科の先生に本当にお世話になりました。

その娘の卒業式で来賓者の方が
卒業生に一編の詩を贈ってくださった。




ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて


気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか


苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし


初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった


駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄


自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

今もぼくの心に刺さっていて
たまに、自戒を込めて読み直しています。


上の写真は10月に友人からいただいた秋刀魚。
生のとれたてだったので、臭みも無く腹わたまで一気にパクつき骨が喉に刺さりました?

今はもちろん喉に骨は刺さっていませんが
たまに、自分の卑しさに自戒を込めて
見直しています。(笑)